埼玉県三芳町で住宅の設計をしています。スモールスペース1級建築士事務所・平間千恵子のblog


by small_space

カテゴリ:街で( 7 )

上野桜木あたり

d0267149_18154273.jpg

昭和13年に建った3軒の家を改装してできた工房やお店、町とつながる路地のある一角。
谷中にある上野桜木あたりに行ってみました。
奇跡的に3軒まとまって残ってくれたおかげで、家と家の間の外部空間がつながり、
単なるお店ではなく、みんなが使えるとても素敵な場所ができていました。
日暮里駅から谷中墓地の桜並木を抜けていくとすぐ。
この墓地は生活道路の両側に垣根なく広がっていて、町や人の暮らしとともにあり、
桜の時期は地元の人たちがお花見をするそうです。
周りには高層ビルも見えますが、この一帯だけは昔と変わらない風景。。
人々が行き交い空が広くてとても気持ちのよい通りでした。

d0267149_1255053.jpg

谷中には歴史的生活文化を残そうと、調査をしたり空き家などを生き返らせたり
積極的に活動されている方たちがいらっしゃいます。
空き家になっていた昭和初期の建物に手をいれて学生さんがシェアして住んでいる家、
大正に建てられた彫刻家のアトリエ&住まい(旧平櫛田中邸)など
この日も少しだけ見せていただきましたが、どこも見学するという感じではなく
今も人が入ったりお店をしたりして現役の建物という感じでした。
この辺りの道路は路地、迷路のようで車が入って来にくいため、静かで
のんびりと歩くことができます。
行ってみたいところがまだまだたくさんある町です。
桜の咲くころまたゆっくり。。。

たいとう歴史都市研究会






by small_space | 2015-03-21 23:00 | 街で | Comments(2)

自転車に乗って

d0267149_17374565.jpg

自転車に乗って、室内オーケストラのコンサートに行ってきました。
こんなにのどかな農道を通って、遠く(写真右上)に見えている地元・三芳町のホール、
コピスみよしへ。
ここ数年、コピスみよしの活動は素晴らしいと思っています。
この数年で変わってきたのか私が気づくのが遅かったのかは判らないのですが、
以前だったらありえない!という感じのメジャーな方のコンサートも催されています。
(クラシックだけでなく他ジャンルも)
そういったコンサートやライブというのは都内へ出て行かないと・・・
というのが当たり前の認識だったのですが、
まさか自転車で出掛けられる日が来るなんて!!

d0267149_17381821.jpg

この日は「ザ・シンフォニエッタみよし 第2回特別演奏会 
~東京フィルのソロ・コンサートマスターの荒井英治氏の呼びかけにより、 国内外プロオーケストラの首席奏者らが楽団の垣根を越えて集結! 国内で考えうる最高レベルのアーティストたちによる、最上のひとときをお楽しみください~」
というコンサートで、素晴らしい演奏でしたし構成が面白くてとても楽しめました。

観客席500席くらいの小ぢんまりしたホールがまたよくて
チケットを切ったり座席に案内してくださるスタッフも三芳町のボランティアの方たち、
とってもアットホームな感じなのです。
しかもこのホールは、プロの演奏家たちが録音などで訪れるほど音響がいいそうです。
それにしても畑のど真ん中の小さなホール、このような方々を呼べるというのは・・・
三芳町や他の運営されている方がものすごく頑張っていらっしゃるのでしょうね。
贅沢な話、本当にありがたいです。

もちろん普段は地元の交流を深める企画がメイン、
三芳町や他県の伝統芸能の公演などもされています。またまた地元の素敵な場所。。
なんでもとりあえず東京、というのではなくて
こんな風にそれぞれの街で楽しめる場所を増やしていけるといいですよね。
帰りも自転車でのんびりと。。。
場所柄、駐車場がたくさんあるようですので少し遠くにお住まいの方も是非。






by small_space | 2015-02-28 23:00 | 街で | Comments(2)

マニュアルにない一言

d0267149_15563654.jpg

先日東武東上線に乗っていたら、終点の池袋駅に近づいてきたところで
いつものアナウンスが流れたのですが、最後に
「どうぞ、この後もお気をつけておでかけください。」
とあまり聞いたことのない言葉が添えらえていました。
ゆうパックで配達に来てくださった方は「今日はさむいですねぇ~~。」
というところから少しお話し、「じゃっ」と片手をあげて戻っていかれました。
今日も駅員さんがとても親切だったなぁ。。。
ほんとにちょっとしたことなのですが、
そんな一言があるだけで景色も違って見えるというくらい。
子供のころは大人ってなんで挨拶で天気の話をするんだろうと
不思議に思っていましたが、一言二言のやりとりでも
なんだか救われるような気持ちになることもありますよね。
建築でも似たようなことを感じることがあります。
必要ないし効率的でもないかもしれないけど、
そのちょっとした一言のようなスペースがあることで
とても和んだり素敵な場ができるということが。。

今日は出かけた先あちらこちらで雛飾りを見かけましたので、私も。。
陽の光も明るくなってきて、春が近い!!↗↗






by small_space | 2015-02-21 23:00 | 街で | Comments(0)

三芳家具さん

d0267149_14222557.jpg

また、近くで素敵な場所を見つけてしまいました。(おそい!)
私の事務所は富士見市なのですが、おとなりの三芳町に住んでいます。
子供のころからずっと「三芳家具」さんの存在は頭のどこかには
あったのですが、このようなお店だったことをつい先日知りました。

d0267149_1204210.jpg

ネット上、雑誌、またはどこかのお宅やお店で目にしたり触れたりしていいなぁと
思っていた家具が、ここに集まっているという感じです。主に日本の作家さんの家具。
しかもこんなに近くにあったなんて。。。
さんざんいろいろな椅子に座らせていただいたり、お話をして長居してしまいました。
近くの素敵店・・・うれしいです。



by small_space | 2014-12-11 23:00 | 街で | Comments(0)
d0267149_13562397.jpg

先日鶴瀬で希少な素適花屋さんを見つけてから(前回のblog) 、数日も経たないうちに
すぐ近くで素適なフレンチレストランを見つけました。
「3552食堂」  (番地が富士見市鶴馬3552なのです)
聞けば昨年の12月にオープンしていたとのこと。
なぜ今まで気が付かなかったのだろう。。
こちらのお店はとっても食材にこだわっていらっしゃいます。特に野菜。
この辺りは昔から畑が多く、今もとてもがんばって野菜づくりをしています。
その、すぐ近くで採れた無農薬・減農薬野菜や玄米などを中心とした
メニューとなっています。(そのためにこの地にいらしていただけたようです。)
店内には乳製品や卵不使用のお菓子や季節の野菜、
雑貨などのちょっとした物販もされていて、とても楽しい、うれしい!!

なんとなく建築の話に似ています。
家を作る材料も、今は木に似せた樹脂やタイルに似せたサイディングなど
施工が短期間で済む工業製品が主流ですが、
一部では本物の木、本物の石、漆喰など材料にこだわって家を造る人たちがいる。
新建材と呼ばれる工業製品はメンテナンスが楽だから・・と思われている方も
いらっしゃるかもしれませんがそんなことはないのです。 
例えばサイディングは継ぎ目のコーキングの劣化や、サイディング材そのものも劣化しますし
その商品が「廃盤」になると、一部の補修・取替えの時にはとても困ったりします。
場合によっては十年くらいで廃盤になるときもありますし、
古く汚れてきたり表面がはがれてきたりすると治しようがない場合もあります。
ですが本物の材料であれば何十年経っても杉は杉ですし桧は桧です。
手を入れながら、壊れたところはその部分を修理したり削ったりして永く使っていける。
年を経るごとに愛着がわいて、年数の経ったものにしか出ない
独特のツヤや風合いがでてきて素適な年のとり方をします。これはお金では買えません。。
また呼吸してくれたり優しい肌触りだったり実際の住み心地もとてもよいということも
もちろん大きいので、私も自然素材(本物の素材)を中心とした材料で家づくりをしています。
でもいろいろ考えなくても、そういうものにしか惹かれないというのが
本当のところかもしれません。少し話しがそれました。。。

d0267149_1533377.jpg

こちらはこのフレンチレストラン「3552食堂」のオーナーシェフ成田大治郎さんが
共著で出されている本「野菜ごはん」(エイ出版社)。 サインしていただきました。。
かんたんで(?)、野菜の美味しさを引き出す料理のレシピがたくさん載っています。
(お肉を使った料理も載っています。でも主役は野菜。)

野菜野菜と書いてしまいましたが、お肉料理もあります。
これまで「鶴瀬駅」というのは「降りたことがない駅」代表のような感じでしたが
3552食堂には県外からいらっしゃるお客さまも多いようです。
前のお店からのファンの方もいらっしゃるようで、
やはり信念をもって真面目に取り組んでいるからなのでしょうね。


d0267149_18324922.jpg Facebook blog
 

     
              
        なんだかとってもうれしいです。
        連鎖が続いてほしい。。。






       



by small_space | 2014-04-02 16:04 | 街で | Comments(2)

お花屋さんで・・・4

d0267149_1262479.jpg

今日もいいお天気で外は暑いくらい・・・
いつものように事務所に自転車で出勤途中、
大手不動産会社の支店があった場所にお花屋さんができていました!
21日にオープンされたそうなのですが、
工事もしていただろうに、なぜ今日まで気づかなかったのだろう。。
二度見してしまいました。
事務所のある東武東上線・鶴瀬駅付近には
楽しそうな足を止めたくなるお店というのがあまり見当たらず、
こういうお店はなかなかないのです。
しかも事務所から数十メートルという近さ。
嬉しくてお店の方にいろいろ話しかけてしまいました。
お花と雑貨を扱っていらっしゃるお店です。
連鎖してカフェやパン屋さんや素適なお店がいろいろできたら
この街も楽しくなるのになぁ。。
どなたか開業されませんか?内装工事、お手伝いします。。。(笑)

開店祝いで届いたと思われるお花がたくさん置いてありましたが
お花屋さんにもやはりお花を贈るんですね。。


お花と雑貨のお店Ramb's ear



私が知っているその他の鶴瀬駅圏内の素適なお店
chapot cafe
OIMO cafe


by small_space | 2014-03-24 18:41 | 街で | Comments(0)

エキナカカフェ

縁あって(?)乗り継ぎで利用することが多いJR西国分寺駅。
武蔵野線のホームは高架で吹きさらしで無機質、
電車の本数も少なめなので
真冬の夕方などは心身共に結構つらかったのですが、
久しぶりに来てみるとホームに入口ができていて
中にはカフェや本屋さんなどが並ぶ小さなエキナカ店舗街が…
辛・寂・寒!だったホームが、この入口ができただけで
雰囲気が随分変わりました。「助かった…」という感じです。
最近、「駅」のイメージがどんどん変わってきていますね。
(変わらない方がいい駅もたくさんありますが)
病院や学校などに大手チェーン系カフェが
入っているのを目にすることも多くなりましたが、
殺風景になりがちな施設の中に、とりあえずカフェがあるだけで
ちょっとほっとしてしまいます。。。


d0267149_15323531.jpg  西国分寺のエキナカカフェ、
  エキナカなのですが
  日当たりがよくテラス席もあり、
  静かでいい感じでした。
  やはり食事をしたりお茶を飲む
  場所がある、というのは和みます。
  無機質な役所や事務所ビルを見ると、
  ここにこんな感じでカフェがあったら・・・
  などと勝手に考えることがあります。

  
  ただの休みたがり・・・?
  




by small_space | 2013-01-08 15:44 | 街で | Comments(0)