埼玉県三芳町で住宅の設計をしています。スモールスペース1級建築士事務所・平間千恵子のblog


by small_space

タグ:川越の街 ( 5 ) タグの人気記事

祭りの前

d0267149_15244233.jpg

現場の打合せで川越へ。
すぐ近くにあるうなぎ屋さんの入り口です。
暖簾をくぐり、この路地を通ってお店に入ります。。
この向こうに何が、、、となんだかわくわくしますよね。
このような「路地」が近所にいくつかあります。


d0267149_15485560.jpg

そして今週末は川越まつり
準備が進んでいるようでした。
山車がたくさん出て昼も夜も楽しめる、なかなか盛大なお祭りです。
久しぶりに今年は行ってみようかと思っています。
お祭りの2日前、なんとなく街全体が浮かれているような。。。
いいですよね。毎年この時期になると血が騒ぐ、というようなこの感じ。
うらやましいです。
基礎工事などでよくお世話になっていた川越の鳶さん。
やはりこの時期は何があっても祭り優先。
上棟の時はいつも川越独特の木遣りを唄ってくれました。
川越には川越三本締めというかっこいい手締めなんかもあるのです。
工務店時代、何かの節目には必ず手締めをしました。
一本締め(一丁締め)もスパッとしてて好きなのですが、
時々やっていたこの川越三本締めはリズムがよくてとても盛り上がります。





by small_space | 2014-10-16 19:00 | 季節の。。。 | Comments(0)

夏のおわりに

d0267149_130036.jpg

先日、川越にある うつわノートさんに立ち寄らせていただきました。
古い洋館の一軒家をギャラリーにされているところなのですが
いつ伺っても本当に素敵な場所なのです。もちろんそこにある器も。
影の長さに季節が変わるのを感じました。

d0267149_12562342.jpg

こういう家がいいね、
こんな場所があったら何もいらないね、と話しながら
ちょっとゆっくりしすぎてしまいました。



by small_space | 2014-09-04 15:00 | 季節の。。。 | Comments(0)

大雪! 2回目

d0267149_1652773.jpg

記録的な大雪となってしまいましたね。
今日は打合せで川越へ。どこか遠く雪国の街を訪れたようでした。
今回の雪は翌日の雨も重なり、かなりの重さになっていた為に
この辺りでも片持ちのアルミカーポートが倒壊するなどの被害がたくさん出たようです。
(殆どの製品で積雪20cmを超えないうちに雪おろしをしてくださいとの
注意書きがされています。)
体育館などの、緊急時には避難場所になり得る建物も屋根が崩落したり。。。
本当に想定外の雪でしたが、これからは雪への備えももう少し考えていかなくては
ならないかもしれません。
夏は夏で記録的な集中豪雨や台風や、竜巻や、、、
○十年ぶりの、と言っている間はまだいいのですが、
観測史上初という言葉が頻繁になってくると恐ろしくなってきます。
人々の生活が便利になっていくほど、それを相殺するように自然が厳しくなっていきますね。

山梨県は積雪100cm超。。。車も埋まってしまい目を疑う状況です。(こちらこちら)
今も道路は多くの場所で閉鎖されたまま、車や家に閉じ込められている人も多数、
非常事態のはずなのですが、なぜかあまり大きく報道されていません。
今週また雪の予報が出ていますし、とても心配な状況です。





by small_space | 2014-02-16 20:35 | 季節の。。。 | Comments(0)

川越のお茶室

d0267149_12203762.jpg

縁あって、川越市内の個人のお宅でもっておられるお茶室を見せていただきました。
広間、小間、立礼席もある本格的な茶室で、すばらしかったです。
設計は茶室・数寄屋建築の巨匠・中村昌生さんです。
(個人宅の為あまり写真は載せられないのですが、建築中~完成の様子はこちら

d0267149_122169.jpg

やはり日本古来のものって美しい。
吟味された材料と、職人さんたちの技の結集で、気の遠くなるようなエピソードがたくさん。。。施工された大九工務店の宮野さんからは「こういう材料は今後もう採れない」や「この職人さんはもう70歳代でその後の職人さんを見つけるのは難しい」などのお話も多く聞かれました。例えば上の写真の障子の紙の張り方、石垣張りというのですが、桟のないところで紙を張り合わせる、これができる職人さんもなかなかいらっしゃらないそうでご苦労されたようです。
紙はこの茶室の為に漉いたもの、一通り張り替えられる分だけは用意してあるそうです。

釘一本、紙一枚、角をいくつ出すか、面をどのくらいとるか、、、歴史・作法・地域性を背景に一つ一つに意味が発生して、知性やセンスや人間性や全てが浮き彫りになってしまう緊張感。
そんな中でこういう建物を造っていく・・・。
もちろん住宅を造ることにも通ずることではあるのですが、大変なことです。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

お茶室は、見学の時にも白靴下を持参されるとよいと思います。
大寄せの茶会などに参加されたことがある方はご存知かと思いますが、
洋装の場合、玄関で靴下を履き替えるということをします。
茶室の畳というのは、お茶やお菓子を直に置きますので
床というよりは家具のような感覚です。
汚れを持ち込まないという気遣いは、見学の時も必要。。。
この日私は持参しておらず(-_-)、近くで購入した靴下を玄関で履いて
畳に上がらせていただきました。



by small_space | 2013-11-18 08:00 | おでかけ | Comments(0)

喜多院・だるま市

今年、初めて川越・喜多院のだるま市へ行ってみました。

d0267149_15324193.jpgd0267149_16512221.jpgd0267149_15404670.jpgd0267149_15413264.jpg




































参拝する人が道まで溢れ、たくさんの人で賑わっていました。
小さなだるまを買って、おみくじを引き、
お正月のお祭り気分を味わってきました。
今年は地元のお祭り事や催し事、少し顔を出してみたいと思っています。。。




by small_space | 2013-01-03 21:31 | 季節の。。。 | Comments(2)