埼玉県三芳町で住宅の設計をしています。スモールスペース1級建築士事務所・平間千恵子のblog


by small_space

つくばの家

d0267149_2019834.jpg

昨日つくばへ行きました。2つの住宅を見せていただくことができました。
その一つ、小玉祐一郎さんのつくばの家(自邸)です。
(その筋の方には有名な建物かと思います)
1984年に建てたパッシブデザインの実験住宅、
とご本人はおっしゃっているのですが実際伺ってみると「実験住宅」
の言葉の響きとはかけ離れた景色がありました。
この時期、外壁はこの住宅の大きな特徴でもあるノーゼンカヅラで覆われ
建物の存在感(威圧感のような)がありません。
緑にあいた穴から家の中に入っていくという感じです。
(冬は落葉するので「全自動外付ブラインド」なのだそうです)
室内に入ってみると吹抜けの空間、大きくとられた南面の窓いっぱいに
緑が広がっています.素敵な景色がいろいろなところにあって、
リズミカルでダイナミックな空間なのですが
樹々がきらきらさわさわとしていて静かに時間が過ぎていく・・・
すばらしかったです。

ゼロエネルギー住宅とか低炭素住宅とか耳にします。性能だけの話です。
性能のことだけを考えたら単純に断熱性能をよくして冷暖房効率を上げれば・・・
ということになるのですが、でもやはり性能だけでは
本当の心地よさとか楽しさ、豊かさにはつながらない。。。
今回も性能面の工夫だけだったら、勉強にはなりますが
感動はなかったと思います。
やはりデザイン(いろんな意味での)がすばらしくて、
それが風の流れや日射の調節などと連動していたりする、
そういうことがとても大事と改めて思わされました。
本当に素敵なお家でした。暮らしていらっしゃる方も。。。

d0267149_2155969.jpg

Commented by riverside at 2012-07-15 23:32 x
家の外の自然=緑が部屋の一部のように感じられる住まいはとてもいいですね。実際に訪ねてその雰囲気を感じてみたいものです。
Commented by small_space at 2012-07-16 14:35
riversideさん、水の中みたいな落ち着き感でした。
とりあえず緑のカーテンがんばってください!因みにヒョウタンは虫や病気になりやすく難しいという情報を得ました・・・
by small_space | 2012-07-15 20:49 | おでかけ | Comments(2)