埼玉県三芳町で住宅の設計をしています。スモールスペース1級建築士事務所・平間千恵子のblog


by small_space

間の贅沢

前回の記事に書いた梅原和香さんの収納のこと、どの雑誌に載っていたのか
・・・探したらありました。「住む」の2004年冬号No.8。
改めて読み返すと、これは収納だけのことに留まらない、
生活全般、生き方ともいえるとても深い内容でした。
どの収納スペースも棚も、スキマがたくさんあることについて梅原さんは
「何を贅沢と思うか。モノが多い方が贅沢と考える人もいるが
私はむしろ‘間’の方が贅沢だと思う」とおっしゃっています。
また「‘間’とはモノとモノとの間でもありモノと人との間でもある。
いつも心地いい間合いを保つことが整理の美学」と書かれていました。

これは、「収納」に限ったことではないですよね。
家を造るときも、この‘間’というのはとても大事なものだと思います。
人と人の間、中と外の間、街と家の間。。。
いろいろありますが、やはりこういう部分を意識してこそ
いいお家ができるのでしょうね。
家の内部のことだけを考えて、外とのつながり ‘間’を考えなかったら。。。

例えば中庭や、外とも中とも言えない縁側のような場所
道路と敷地の間の植栽の施された庭・・・
そんな場所があることで、いい内部空間、、贅沢な生活の場ができたりします。
場合によってはそのために部屋の面積が少し小さくなることもあり
このような‘間’の部分をあえて造ることを「無駄」と感じる方もいるかもしれませんが、、、

何を贅沢と思うか?
価値観はいろいろですね。


d0267149_1526864.jpg





 

   「住む」No.8
   ちょっと古いですが
   お持ちの方は読んでみてください。
   なんかスッキリしますよー。





.








by small_space | 2012-10-24 14:54 | 住まいのいろいろ | Comments(0)