埼玉県三芳町で住宅の設計をしています。スモールスペース1級建築士事務所・平間千恵子のblog


by small_space

年の瀬に

d0267149_17183690.jpg

今年もとうとうあと二日となりましたね。
あいらぼの活動などでいつもお世話になっている相羽建設さんの
年末恒例行事のお餅つきに、初めて伺ってみました。(↑甥を連れて)
かまどの火、煙や湯気が立ちのぼり、餅をつく音やたくさんの人の声。。。
活気があって、年の瀬を感じさせていただくことができました。
工務店時代やはり毎年餅つきをしていたので、とても懐かしい空気でもありました。
お餅以外にもいろいろなお料理が振舞われるのですが、
大工さん特製のおこわや蒟蒻(芋から手づくり)や豚汁など、
芸達者な職人さんが多くてビックリ。。

今年はたくさんの方に本当にお世話になりました。
いろいろな方に助けていただいて心強さや温かさを強く感じる1年となりました。
来年からも頑張って参りたいと思いますのでよろしくお願いいたします。
みなさま、お身体に気をつけて、よい年をお迎えください。




Commented by keibosi at 2017-01-16 00:07
裸火、懐かしいな~。
実家の材木屋では下小屋で大工さんが刻んだ残りの木端やオガクズをドラム缶で燃やすのは日常風景。
暑い夏でも焚火!
冬は残り火で焼き芋(^-^)/
幼少の頃いた木場ではそんな風景があちこちで。
移った市川ではご近所さんが紙屑燃やしに来て井戸端会議・・ドラム缶端会議。
懐かしいな~o(^-^)o
Commented by small_space at 2017-01-17 22:57
> keibosiさん
さすが木場だね~。昔は現場でも残材をよく燃やしていたと思うけど、今は見なくなってしまったよね。火があると自然と人が寄って話もはずむのだけど。。
by small_space | 2016-12-29 20:00 | 季節の。。。 | Comments(2)